神待ちサイト > 地域別

神待ちの援交とは?

援交、援サポは現在、神待ちサイトの掲示板で普通に行われています。
一昔前は出会い系などを使って行われていましたが、今ではパソコンやスマホを利用して行われています。
また、神待ちサイトの掲示板はもはや援交が目的となっています。
法的には、未成年との援交は未成年売春罪となるけど、十八歳以上なら罰則はない、捕まることもない。
最近の援交の流れといえば、神待ちサイトが普及する以前は、繁華街で女の子に声をかけたりということもありましたが、現在は有料サイトやよく見かけるサイトなど掲示板を使うのが一般的です。
はじめから援交目的のサイトと呼んでも過言ではありません。
けれども、大手の有名サイトなら安心といえるかもしれません。
サイト内のメールが1通あたり400円以上もするクソみたいなサイトを紹介しているサイトが多くあります。
絶対にそれらのクソみたいなサイトに登録しないようにしてください。
大手の神待ちサイトは、女性誌や街頭看板で積極的に宣伝をしているために若い女性が集まっています。
また、それらの出会い系の掲示板はほとんどが援助を募集する投稿です。
今すぐ会いたいといった感じの書き込みは、ほぼ援交の相手募集なのです。
神待ちサイトは年齢確認が必須ですが、未成年の子がたくさんいます。
他人の保険証などで年齢確認をしているのです。
有名なサイトだから安心なわけではないので、必ずはじめに相手の年齢は確かめましょう。
最近ではラインのアプリID検索が規制されたこともあり、未成年の神待ちサイト利用が多いので注意が必須です。
サイト側は、個人同士での援交に関しては法的な罰則がないこともあり、実質的に黙認しています。
女性は話わかる人、条件ありのような言葉で書き込み、それを見た男性が女性にチャットを送り、条件のやりとりをするという流れです。
未成年との援交、援サポはダメ
最近、ラインなどのアプリIDを交換するアプリID交換できるネット上が未成年の援交の温床となっていて社会問題化しています。
現在ではライン側が規制をし、未成年はラインのアプリID検索ができなくなりましたが、まだ規制が不十分な部分もあります。
そのようなアプリID交換できる掲示板は、一昔前の無料神待ちサイトのような状態で、女性の投稿に対して50人ほどの男性が返信します。
それゆえ、会うのはかなり難しいです。
それよりも、最近は問題も多いので、サイバーポリスの監視もかなり厳しく、ネット上で未成年と援交をした場合、捕まる確率が高いです。
未成年との援交、援サポは未成年売春であり、犯罪です。
年齢確認のないアプリは脱法アプリであって、リスクが高すぎるので使わないようにしましょう。
援交自体勧めるものではないが、どうしてもしたい人は、素直に神待ちサイトを使うようにしましょう。
安心度が違いますし、一人と会うのにかかるお金は3〜4百円で、ケチるような金額ではない。
決して援交、援サポを推薦するわけではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加